ご挨拶

平成18年、(株)アクア・プロジェクトを立ち上げてから早いもので10年が過ぎようとしております。
弊社は、創業以来、自然界の自浄作用を応用した微生物による分解処理方法を、技術的に追及してまいりました。日常生活の排水及び廃棄物の多くは、有機質汚物となって発生地域だけではなく、世界全体で自浄作用の限界を超える事態となっております。私共は、これらの問題を解決する技術として、“きぼう”システムを作り上げました。


また、現在、国立島根大学との共同研究を進めており、専門的な意見を頂きながら実証実験を繰り返し、更なる技術の向上に努めております。
平成19年には、鳥取県の農業集落排水処理場で発生する、余剰汚泥の減量処理に採用され、現在も良好に処理が行われております。
平成27年には、東日本大震災によって津波の被害を受けられた、水産加工排水処理場の排水汚泥の減量処理に採用され、無事全ての汚泥を処理する事が出来ました。処理期間中には、現場に多くの自治体関係者の皆様を始め、民間の食品加工会社の皆様も多く視察に来ていただきました。
平成23年3月11日の東日本大震災の後、縁ありまして仙台市に本社を置く、㈱いぶきエステートのグループに入り、東北地方を中心とした営業を展開しております。


今後も弊社は、下水処理における汚泥処理費用の軽減、食品・魚加工排水処理、食品残渣処理の提案などを通じて、地元島根県、更には日本全国の皆様と共に歩んで参りたいと考えております。
皆様のご期待と励ましに応えるべく、社員一同更なる精進をする所存でございます。
何卒、今後共一層のご支援・ご鞭撻を賜りますよう宜しく御願い致します。

 

(株)アクア・プロジェクト
代表取締役 栂 隆 喜

ページの先頭へ戻る